• 印刷する

スナク氏とトラス氏が決選へ 与党保守党、9月5日新党首選出

英国の与党・保守党党首選の第5回投票が20日行われ、最終候補としてスナク前財務相とトラス外相が残った。両氏は22日から各地を遊説し、全国の保守党党員16万人による決選投票に臨む。新党首は9月5日に発表される。BBC電子版などが伝えた。

第1回投票から首位を維持してきたスナク氏は137票を獲得。トラス氏は113票だった。これまでスナク氏に次ぐ得票を確保してきたモーダント貿易担当閣外相だったが、今回は105票と、トラス氏に追い抜かれ落選となった。前回投票で脱落したバデノック前平等担当閣外相の票の大半がスナク、トラスの両氏に流れた。

最終候補の2人は25日にテレビ討論を行うことが決まっている。

スナク氏は、経済に重点を置き、財政収支が改善するまでは減税はしない方針を示している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で財務相を務め、財政支出を大幅に拡大させた。夫人の納税問題と自身のロックダウン(都市封鎖)規制違反で評価を下げた。支持者にはシャップス運輸相やハント元外相、ラーブ副首相兼法相兼大法官、バークレイ保健・社会福祉相らがいる。

トラス外相は、早期減税を公約しているほか、4月に引き上げられた国民保険料の引き下げと、長期的にいわゆる「小さな政府」の実現を目指す。英国2人目の女性外相として、スパイ容疑で長年イランで拘束されていたナザニン・ラトクリフさんの解放を実現した功績を持つ。支持者には、ドリーズ・デジタル・文化・メディア・スポーツ相やリースモグ欧州連合(EU)離脱担当相のほか、党首選第2回投票で落選したブレイバーマン法務長官らが名を連ねる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン