• 印刷する

英下院の補欠選、与党が敗北 ジョンソン政権への不信感鮮明に

イングランド南西部ティバートン・アンド・ホニトン(Tiverton and Honiton)および北部ウェイクフィールド選挙区で23日、下院の補欠選挙が行われ、いずれも与党・保守党の候補が敗北した。ジョンソン政権への不信感が浮き彫りとなった格好で、これを受け同党のダウデン共同幹事長は引責辞任。ジョンソン首相はより一層の苦境に立たされそうだ。

ティバートン・アンド・ホニトンでは、議会でポルノ動画を鑑賞した疑いを受け議員辞職した保守党のニール・パリシュ氏の後任を選出。野党・自由民主党の候補が2万2,537票を獲得し、保守党候補に6,144票の差を付け勝利した。自由民主党が補欠選で保守党を破るのは、過去1年間で3度目となる。

ウェイクフィールドでは、未成年への性的暴行で有罪判決を受け辞職したイムラン・アフマド元保守党議員の後任を選出。最大野党・労働党の候補が1万3,166票を集め、8,241票を得た保守党候補に勝利した。労働党は2019年の前回選挙で、1932年以降で初めて同選挙区の議席を失ったが、今回の補欠選で奪還した格好だ。

ダウデン共同幹事長は辞任に当たり、ジョンソン首相に宛てた文書で、保守党の支持者は動揺し失望していると指摘。誰かが責任を取らなければならない状況で、自らが役職にとどまることはふさわしくないと結論付けたとしている。

一方、ジョンソン氏は今回の結果を受け、「われわれはもっとやるべきことがあると認識すべきで、それを確かに実現させる」と述べている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英企業の廃業数、5%増加 開業率上回る=10年以降で初めて(12/01)

鉄道労組RMT、賃金提案を受け入れ(12/01)

メトロバンク、2割の人員削減(12/01)

石油BP、太陽光発電企業を完全子会社化(12/01)

オクトパス、シエラレオネで風力発電建設へ(12/01)

乗用車生産台数、10月は31.6%増加(12/01)

エミレーツ社長、ロールス・ロイスに苦言(12/01)

英国民の半数超、EU復帰を支持=反対2割(12/01)

トタル、英モロッコ間の海底送電網に出資(11/30)

サウジ社、ヒースロー株取得 株式10%を獲得=10億ポンド(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン