• 印刷する

公休日、英経済に1日23億ポンドの損失

公休日のバンクホリデーは英国経済にとって1日当たり23億ポンドの損失となり、これを撤廃すれば国内総生産(GDP)は年に190億ポンド引き上げられる――――。シンクタンクの経済ビジネス・リサーチセンター(CEBR)がバンクホリデーの9日、こうした試算を明らかにした。

休日には小売店や飲食業などの売り上げが伸びるものの、CEBRはこうした業界が経済全体に占める割合は14%に過ぎず、経済の47%を占める一般のオフィスや製造業、建設業などは休日で事業活動が中断され損害を被るという。特に今年の場合、6月にエリザベス2世女王の即位60周年「ダイヤモンド・ジュビリー」記念の特別休日があるため、イースター・マンデーの9日が休日でないスコットランドを除き英国では4~6月に5日間の休日がある。

CEBRは休日が従業員の健康や士気にとって重要なことは認めており、公休日を集中させるのではなく散らばるように設けることを提案している。ただし英国は欧州内でも公休日の数が少なく、イングランドとウェールズが年に8日、スコットランドが9日、英領北アイルランドが10日で、スペインやマルタの14日をはじめ、ポルトガルの13日、フランスやイタリアの11日を下回っている。


関連国・地域: 英国フランスイタリアスペインポルトガルマルタ
関連業種: 食品・飲料その他製造建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

接触追跡アプリ、イングランドで利用可能に(09/24)

スコットランド、世帯間の交流制限を厳格化(09/24)

米ローンスター、アズダ買収合戦から撤退(09/24)

HSBC、香港で中堅幹部含む40人解雇か(09/24)

EU、英国内市場法案巡り提訴を再度示唆(09/24)

ティックトック、域内への情報移転を否定(09/24)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン