• 印刷する

ジョンソン首相の続投決定 英与党で信任投票、4割超は反対

英国の与党・保守党は6日、ジョンソン首相に対する党首信任投票を行い、同首相の続投を決めた。ただ、投票結果は信任211票、不信任148票と、保守党の下院議員の4割強が信任を拒否。同首相の権威の低下ぶりが浮き彫りとなり、今後の政権運営が困難となることは必至とみられている。BBC電子版が伝えた。

同首相を巡っては、コロナ規制下に首相官邸で開かれたとされる一連のパーティー疑惑を巡り、野党のみならず党内からも辞任圧力が高まっていた。同首相は投票結果について、「納得のいく良い結果だ」と前向きな姿勢を強調。「メディアが報じ続ける問題にけりをつける機会となる」とし、パーティー疑惑に幕を引く意向を示唆している。

信任投票は、保守党の下院議員の15%超が同首相への不信任を表明する書簡を保守党議員委員会(1922年委員会)に送付したことを受け実施された。保守党は党規則により、向こう1年はジョンソン首相への信任投票を実施できない。

ただ、信任票の比率は59%と、2018年に行われたメイ前首相の信任投票での63%を下回っている。政府のブレグジット方針を巡り党内で不満を招いていたメイ氏は、その後も政権運営に苦慮し、約半年後に辞任に追い込まれた経緯がある。英国では6月後半に下院補欠選挙が実施されるため、その結果によってはジョンソン首相に対する辞任圧力がさらに高まる可能性もある。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

タタ、英南西部に電池工場 26年から稼働=EV向け(02/29)

アストンマーティン、EV発売を26年に延期(02/29)

ポスト・オフィス、現CEOを社内調査(02/29)

日本、英国産チーズなど37品目保護へ(02/29)

発電能力の拡大遅延、エネ安保危機も(02/29)

M&S、4月に10%超賃上げ=4万人対象(02/29)

地方自治体、資産売却が加速=財政危機(02/29)

カリーズ、エリオットの買収提案を再び拒否(02/29)

テムズ・ウオーター、政府救済回避に躍起(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン