• 印刷する

製造業受注、4月も改善=CBI

英産業連盟(CBI)が25日発表した4月の製造業の業況調査によれば、過去3カ月の新規受注が「増えた」と回答した企業は「減った」より8ポイント多く、昨年後半の水準に回復した。過去3カ月の生産量が「増えた」とした企業もプラス5ポイントと、製造業が回復傾向にあることを示している。

CBIは3月21日から4月11日にかけて394社を対象に調査を実施した。それによると、3カ月前と比べて業況を「より楽観視している」とした企業は、そうでない企業より22ポイント多く、過去2年で最高を記録。向こう3カ月の新規受注と生産量の見通しは、いずれも「増える」という答えが「減る」より24ポイント多かった。

投資意欲も回復を示しており、特に向こう12カ月でイノベーションと訓練・再訓練に投資するとの回答が多かった。工場・機械に投資するとの回答も1年ぶりにプラスを回復、1997年7月以降で最高を記録した。

CBIの首席エコノミスト、イアン・マカファーティ氏は、「年初以来、欧州および世界の需要に関する強い不安感は遠のき、1年ぶりに製造業の業況が改善している」と指摘している。

■リセッション入りは「意外」

CBIは併せて、政府統計局(ONS)がこの日に発表した第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP)がマイナス0.2%となり、英国経済がリセッション(景気後退)入りしたことについて「意外だ」とするコメントを発表した。

CBIのジョン・クリッドランド事務局長は「年初から景況感は改善しており、経済状況もまだ思わしくないとはいえ上向いている」と述べ、今後の景気見通しについて「ユーロ圏債務危機による打撃から徐々に回復する兆しが見られる」と期待感を示した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英政府、NHS職員の賃金3%引き上げ(07/23)

英政府、ナットウエスト株最大15%売却へ(07/23)

ユニリーバ、上半期は4.1%減益(07/23)

英バークレイズ、独事業トップにKfW幹部(07/23)

フィンテックのネイピア、ドバイに拠点開設(07/23)

EU、北ア議定書巡る英との再交渉拒否(07/23)

米・英ワクチン、2回接種でデルタ株に有効(07/23)

英、北ア議定書改定を要求へ EUに緊急協議求める(07/22)

シェル、排出量削減の厳格化命令巡り控訴(07/22)

英大企業の8割、量子コンピューターを拡大(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン