• 印刷する

CBI小売売上高、4月は悪化=見通しは改善

英産業連盟(CBI)が26日に発表した最新調査によると、4月は小売業者の33%が1年前より売り上げが「増えた」と答え、「減った」とする見方を6ポイント下回った。ただ、来月の見通しについては、「増える」が「減る」を19ポイント上回り、昨年2月以降で最も高い水準となっている。

CBIは3月27日から4月13日にかけて112社を対象に調査を行った。業種別では、家具・敷物は売り上げが「増えた」が「減った」を大きく上回った(72ポイント)。衣料品、履物・革製品も堅調に増えている。逆に食品は19ポイント下回り、昨年11月以降で初めてマイナスとなった。

受注量は前年より「減った」とする回答が多かったが、多くが来月には増えるとみている。

CBI流通業委員会のジュディス・マッケナ委員長は、「小売業の業況は依然として不安定」と指摘、消費者は高額商品に手を出さず、予算内で楽しめる低価格の“ご褒美”的商品を選んでいると分析している。今後については、「予想通り今年後半に物価が下がれば、小売売上高も幾分伸びるかもしれないが、高失業率と賃金の伸び悩みが消費意欲を損ない続ける限り、消費支出は伸びない」との見方を示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料繊維その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

スミス・グループ、医療機器部門を分離へ(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

ロイヤル・メール、新会長を指名(03/25)

トーマス・クック、英国で21店舗を閉鎖へ(03/25)

ビクトレックス、蘭社の3D印刷技術に投資(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン