機械工業連盟、生産量見通し再び引き下げ

ドイツ機械工業連盟(VDMA)は30日、今年の機械生産量見通しを前年比1%増と、従来の4%から引き下げた。ロシアのウクライナ侵攻や世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の問題、中国の一部都市でのロックダウン(都市封鎖)が響いている。見通しは3月に7%から4%に…

関連国・地域: ドイツロシアウクライナアジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英シェル、ロッテルダムに水素プラント建設(07/07)

独、エネルギー企業救済へ 政府出資でガス供給リスク軽減(07/07)

イケア親会社、独洋上風力発電所の権益拡大(07/07)

製造業受注、5月は0.1%増加(07/07)

テネット、国内送電網に220億ユーロ投資(07/07)

独VW、露生産拠点を1カ所閉鎖へ(07/07)

独最大労組、VW従業員の8%賃上げ要求(07/07)

独再生エネの割合、上半期は49%に拡大(07/07)

独自動車メーカー、中国NEV市場で苦戦(07/07)

独、エネ企業救済へ法案策定 政府による株式取得で破綻を阻止(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン