• 印刷する

独米、気候保護とエネルギー巡り提携強化

ドイツと米国は27日、気候変動対策およびエネルギー分野での提携を巡る共同宣言を発表した。横断的な脱炭素化や新興国のエネルギー移行促進などを通じ、両国だけでなく世界規模での気候中立を目指し協力を深める。

両国は今回、◇温室効果ガス排出の実質ゼロ化に向けた気候変動対策の強化◇エネルギー移行の加速に向けた技術の開発と導入◇第三国での気候政策とエネルギー安全保障の促進――の3分野を柱に提携。水素と洋上風力発電、ゼロ排出車、第三国との協力については既に作業部会を設置した。

ドイツは2030年までに、風力発電の設置容量を30ギガワットに引き上げることを目指す。同国のハーベック副首相兼経済・気候保護相は、米国もこれに沿って設置容量を拡大する計画と説明している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、EV関税巡り奔走 中国に「真剣な対応」要求へ(06/17)

独経済の成長率、4研究所が見通し引き上げ(06/17)

東芝、鉄道部品溶接の欧州安全規格を取得(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

アウディの電動化、従業員代表が見直し要求(06/17)

ラインメタル、タイヤのコンチ従業員を雇用(06/17)

ドイツ、グリーン水素輸入で2回目の入札へ(06/17)

連立政権への不満、過去最高 前倒し総選挙「賛成」5割=調査(06/14)

スペインの風力発電、30年目標達成に暗雲(06/14)

独ショット、ハンガリーに注射器工場(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン