• 印刷する

英、家計支援に150億ポンド 石油・ガス企業に25%課税へ

スナク財務相は26日、光熱費や物価の高騰による家計への打撃を緩和するため、総額150億ポンドの支援策を発表した。資金のうち50億ポンドは、石油・ガス企業に対する特別利潤税で賄う方針。支援策には、全世帯を対象とした一律400ポンドの光熱費補助に加え、貧困世帯向けの一律補助の給付が含まれている。

同相は2月、電力料金を10月から一律200ポンド減額し、2023年以降の料金への上乗せによりこれを回収する計画を打ち出していた。今回、この金額を一律400ポンドに倍増し、返済不要の補助金として支給する方針を示した。また、低所得層の約800万世帯に一律650ポンドの生活費補助を支給。低所得の年金生活者世帯と障害者には、それぞれ一律300ポンド、150ポンドの生活費補助を支給する。

政府は支援策の財源の一部として、エネルギー価格高騰で好業績を上げている石油・ガス企業の利益に一時的に25%の「エネルギー利益賦課金」を課す。これにより、向こう1年で約50億ポンドの税収が得られる見通し。また、投資意欲の減退を避けるため、投資費用の税控除を拡大する。「エネルギー利益賦課金」は、石油・ガス価格が通常水準に戻れば段階的に廃止する。

政府はかねて、最大野党・労働党が求める特別利潤税の導入に抵抗していたが、ここへきて方針を転換するとの見方が強まっていた。ガス価格の高騰を受け利益が急増している発電事業者も特別利潤税の対象に含める方針と報じられていたが、こちらは「特別利潤の規模を検討する」と述べるにとどまっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン