• 印刷する

英首相官邸の宴会捜査完了 コロナ規制違反で罰金126件

ロンドン警視庁は19日、首相官邸と官庁街ホワイトホールで新型コロナウイルス対策の規制に違反したパーティーが開かれた疑惑について、捜査を完了したと発表した。これに絡み、83人に計126件の罰金通知が発行された。ジョンソン首相は先に、自身の誕生日パーティー出席を巡り罰金を科されたが、さらなる罰金は免れた。

同庁は、新型コロナウイルス規制下の2020年5月~21年4月に開かれた会合について、書類345点と写真510枚を調査。捜査にかかった費用は約46万ポンドだという。

このうち20年6月に首相官邸で開かれたジョンソン首相の誕生日パーティーを巡っては、同首相と妻のキャリーさん、スナク財務相らに罰金が科された。このほか、21年4月に執り行われたエリザベス女王の夫フィリップ殿下の葬儀前日に首相官邸で開かれた2件の送別会などの出席者らが罰金対象となっている。なお、28人には複数の罰金が科され、2~5件の罰金通知を受け取った。

ジョンソン首相は、捜査の終了を歓迎。一方、最大野党・労働党のスターマー党首は、首相官邸で大規模な法律違反が行われたことは首相が作り上げた体質を反映するものだと批判し、あらためてジョンソン氏に辞任を求めている。

なお、警察の捜査が終了したことで、近くレベリングアップ・住宅・コミュニティー省のスー・グレイ第二事務次官による内部調査の結果が全面的に公表される見通し。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン