<特別寄稿>脱炭素のエネルギー転換時代に直面する中東産油国

■転換点となった2021年 昨年11月の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)では、気温上昇を1.5度未満に抑えることを努力目標として再確認した「グラスゴー気候合意」が成果文書としてまとめられた。このCOP26を前に、世界と産油国は二つの驚きを目の当たりにした…

関連国・地域: EU中東
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

G7、ウクライナ支援を協議 財務相・中銀総裁会議=独で開幕(05/20)

EU、化学物質のグループ別規制へ前進 <連載コラム・環境フォーカス>第65回(05/20)

EU、露産エネ依存脱却に3千億ユーロ投資(05/20)

EU、ウクライナに90億ユーロ追加支援へ(05/20)

北欧2カ国のNATO加盟にトルコが反対(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

欧州議会「ドイツ元首相を制裁対象に」(05/20)

ユーロ圏建設業生産、3月は横ばい(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン