独企業の半数、エネルギー高騰受け投資減も

ドイツ企業の46%が、エネルギー価格の上昇を理由に投資を減らしたいと考えている――。ロシアのウクライナ侵攻を受け石油・ガス価格が高騰する中、企業への影響も大きくなっているようだ。Ifo経済研究所の調査を元に、現地紙アウグスブルガー・アルゲマイネが25日伝えた。 I…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

VW世界販売、4月は38%減少(05/16)

保険アリアンツ、第1四半期は78.1%減益(05/16)

ドイツテレコム、第1四半期は6.8%増益(05/16)

ザルツギッター、第1四半期は5倍に増益(05/16)

G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議(05/16)

家電量販セコノミー、第2四半期は赤字縮小(05/16)

シーメンス、ドバイ万博跡地に従業員移管へ(05/16)

シーメンス、第2四半期は49%減益(05/13)

ロシア、欧米のガス事業31社を制裁対象に(05/13)

コメルツ銀、第1四半期は2.2倍に増益(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン