• 印刷する

欧州委、独の200億ユーロの企業支援を承認

欧州委員会は19日、ドイツ政府がロシアのウクライナ侵攻により経済的打撃を受けた企業に対し、総額最大200億ユーロの支援を行うことを承認すると発表した。3月に導入された国家補助に関する臨時枠組みに基づき、問題がないと判断した。

ドイツ政府は先にこの支援策を発表。金融機関を除くあらゆる業種や規模の企業を対象に、補助や融資、融資保証に加え、出資やハイブリッド投資の形で支援を行うもので、欧州委に承認を申請していた。

具体的には、ドイツ復興金融公庫(KfW)を通じて打撃を受けている企業に70億ユーロ規模の流動性支援を行うことや、政府による銀行融資の保証およびエネルギー料金の補填などが含まれている。加えて、株式取得や株式と債券を組み合わせたハイブリッド投資により、企業に直接、資金を注入することも検討するとしていた。

欧州委は3月、欧州連合(EU)加盟各国がウクライナ危機を巡る経済支援を柔軟に実施できるよう、国家補助に関する臨時枠組みを公表。加盟国政府が深刻な打撃を受けている農業・漁業・水産業の企業に対し1社当たり最大3万5,000ユーロ、その他の産業の企業に対しては1社当たり最大40万ユーロの補助を行うことを認めていた。

このほか流動性支援に向け、銀行融資への政府保証の付与と、公的・民間融資における補助利率の適用も認めたほか、エネルギー料金の最大30%の相殺を可能とする特別補助も盛り込まれた。この臨時枠組みは12月31日まで適用される。[EU規制]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

暗号資産取引バイナンス、独事業免許取得へ(05/20)

製糖ジュートツッカー、通期は41%増益(05/20)

BMW、バイオマス塗料を採用(05/20)

ドイツのビール業界、今夏にガラス瓶不足も(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

欧州議会「ドイツ元首相を制裁対象に」(05/20)

JAL、7月から欧州路線を増便(05/20)

独、エネルギー効率改善計画を発表(05/19)

グリーンボルト、ルーマニアで再生エネ拡大(05/19)

ノルドストリーム2関連の環境団体、解体か(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン