• 印刷する

露産ガス禁輸なら景気後退に 5大研究所、経済見通し引き下げ

ドイツを代表する五つの経済研究所は13日発表した春季合同経済予測の中で、今年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを昨年10月時点の4.8%から2.7%に引き下げた。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、新型コロナ危機からの経済回復が遅れる一方、物価上昇率は過去40年で最高の水準に達すると予想。ロシア産ガスの供給が停止すれば、ドイツ経済は急激な景気後退に陥り、インフレはさらに加速するとしている。

合同経済予測は、連邦経済技術省の委託により春と秋の年2回発表される。今回の予測は、Ifo経済研究所、RWI経済研究所、ドイツ経済研究所(DIW)、ハレ経済研究所(IWH)、キール世界経済研究所(IfW)の五つの研究所が合同でまとめた。

来年のGDP成長率は、昨年の2.9%から今年は2.7%へとさらに減速するものの、来年には3.1%への再加速を見込む。

ただ、この予測は欧州連合(EU)の対露制裁がエスカレートせず、ロシアからのガス供給が続くと仮定した「ベースラインシナリオ」の場合。ロシア産ガスの全面的な供給停止を見込んだ「悪化シナリオ」では、今年の成長率は1.9%へと大幅に減速し、来年には2.2%のマイナス成長に陥ると予測している。

インフレ率は、「ベースラインシナリオ」では今年に6.1%に加速し、過去40年で最高水準に達するものの、来年には2.8%に減速すると予測。一方、「悪化シナリオ」では、今年に7.3%に達し、来年も5%の高水準にとどまるとみている。

IfWのシュテファン・クース副所長は、「ガス供給が絶たれれば、ドイツ経済は急激な景気後退に陥る」と警告している。


関連国・地域: ドイツEUロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

ICE車販売禁止は実現困難 EUの35年目標=欧州会計監査院(04/24)

日本ガイシ、独水素事業でNAS電池受注(04/24)

米自動車座席アディエント、独で工場閉鎖へ(04/24)

独最大野党、露産農産物の完全禁輸を提案(04/24)

ソフトSAP、第1四半期は7%減益(04/24)

マレーシア、シーメンス傘下と人材育成(04/24)

右派議員の秘書、中国スパイ容疑で拘束=独(04/24)

ハノーバー・メッセが開幕 独首相「AIで成長加速する」(04/23)

カナリア諸島、オーバーツーリズムに抗議(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン