• 印刷する

GDP成長率、昨年は7.4% 第2次大戦以降で伸び最大

英政府統計局(ONS)は3月31日、2021年の国内総生産(GDP、改定値)が前年比で7.4%拡大したと発表した。速報値から0.1ポイント下方修正されたが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で9.3%落ち込んだ前年から経済が回復し、第2次世界大戦以降で最大の伸びを記録した。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は7.5%拡大。前年のマイナス8.7%からプラスに復帰した。うち流通・ホテル・レストランは12.4%増加。自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は6.9%、ビジネスサービス・金融は3.5%それぞれ上向いた。

鉱工業は5.1%増え、前年のマイナス8.4%からプラスに転換。うち製造業は7.2%伸び、水道・下水・廃棄物処理は6%、電気・ガス・蒸気・空調供給は1%それぞれ拡大した。採鉱・採石は11.3%減少している。

建設業は12.9%上向き、農林水産業は4%のプラスに転じた。

支出項目別では、政府最終消費支出が14.3%増加。家計最終消費支出は6.2%、投資を示す総固定資本形成は5.9%それぞれ拡大した。

貿易は輸入が3.8%伸びた半面、輸出は1.3%縮小。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを1.4ポイント押し下げた。

GDPは第4四半期(10~12月)に前期比で1.3%拡大。速報値の1%から上方修正され、伸びは前期から0.4ポイント加速した。前年同期比では6.6%と、前期の6.9%から拡大幅が縮小した。

予算責任局(OBR)は先に、今年のGDPが3.8%拡大するとの見方を示した。昨年10月時点の予測から2.2ポイント下方修正している。23年には1.8%の伸びを見込む。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン