欧州各国でロシア外交官の国外追放相次ぐ

ロシアによるウクライナ侵攻が1カ月以上続く中、欧州各国でロシアの外交官を国外追放処分にする動きが加速している。ベルギーとオランダ、アイルランド、チェコは29日、スパイ活動などを行っている疑いがあるとして、合わせて約40人を追放すると発表した。先にはバルト3国が、ロ…

関連国・地域: EUベルギーアイルランドオランダチェコエストニアラトビアリトアニアロシア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

G7、ウクライナ支援を協議 財務相・中銀総裁会議=独で開幕(05/20)

EU、化学物質のグループ別規制へ前進 <連載コラム・環境フォーカス>第65回(05/20)

EU、露産エネ依存脱却に3千億ユーロ投資(05/20)

EU、ウクライナに90億ユーロ追加支援へ(05/20)

北欧2カ国のNATO加盟にトルコが反対(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

欧州議会「ドイツ元首相を制裁対象に」(05/20)

ユーロ圏建設業生産、3月は横ばい(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン