• 印刷する

SPDが23年ぶり勝利 ザールラント議会選、基盤強化へ

ドイツ南西部ザールラント州で27日に行われた州議会(定数51)選挙では、ショルツ首相率いる中道左派・社会民主党(SPD)が29議席を獲得し、最大野党の中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)を抑えて勝利した。同州でSPDが第1党となるのは23年ぶり。昨年12月の政権交代以降で初の州議会選だったが、ショルツ政権の基盤がさらに強まった格好だ。

選挙管理委員会が発表した暫定結果によると、SPDの得票率は43.5%で、前回2017年の選挙から14ポイント増えた。SPDは同州ではCDUと連立を組んでいたが、過半数を得たことで今後は単独での政権運営が可能となる。

一方、CDUは28.5%と前回の40.7%から大きく下落した。これに、右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」(5.7%)が続く。国政でSPDと連立を組む環境政党・緑の党(4.9%)およびリベラル派の自由民主党(FDP、4.8%)は、いずれも議席獲得に必要な5%を下回った。

ザールラント州の首相には、SPDのアンケ・レーリンガ氏(45歳)が就任する見通し。レーリンガ氏は選挙後、「SPDは市民の信頼を取り戻した」と勝利を宣言し、単独で政権を運営する方針を示した。

ロイター通信によると、最新の世論調査では、ショルツ首相がロシアへのエネルギー依存から脱却する路線を明確にしたことなどを受け、SPDや、同じく対ロシア強硬路線を取る緑の党とFDPの支持率が向上していた。

なお、CDUが政権運営を行う西部ノルトライン・ウェストファーレン州と北部シュレスウィヒ・ホルシュタイン州では5月に、北西部ニーダーザクセン州では10月にそれぞれ州議会選挙が行われる予定。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

暗号資産取引バイナンス、独事業免許取得へ(05/20)

製糖ジュートツッカー、通期は41%増益(05/20)

BMW、バイオマス塗料を採用(05/20)

ドイツのビール業界、今夏にガラス瓶不足も(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

欧州議会「ドイツ元首相を制裁対象に」(05/20)

JAL、7月から欧州路線を増便(05/20)

独、エネルギー効率改善計画を発表(05/19)

グリーンボルト、ルーマニアで再生エネ拡大(05/19)

ノルドストリーム2関連の環境団体、解体か(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン