• 印刷する

LNGの輸入拡大で合意 EUと米国、露への依存脱却へ

欧州委員会は25日、欧州連合(EU)と米国が欧州のエネルギー安全保障の強化に向けて協力することで合意したと発表した。エネルギー分野でのロシア依存から脱却することを目指した動きで、米国はこの一環として、EUへの液化天然ガス(LNG)の供給を拡大し、今年は150億立方メートル以上を追加で輸出することを決めている。

EUのロシアからのガス輸入は昨年は1,550億立方メートルで、全体に占める割合は約45%だった。一方、米国からのLNG輸入は220億立方メートルにとどまっている。今回の合意では、米国は少なくとも2030年まで年に500億立方メートルのLNGをEUに供給する。LNGの輸入拡大に伴いEUではインフラ整備が必要となるが、欧州委は加盟各国と協力して、必要な設備の審査と承認の規制手続きの迅速化を進める方針だ。また米国と連携し、LNGの輸出入インフラへの投資決定を支える契約を奨励する。

フォンデアライエン欧州委員長は今回の合意について「ロシア産ガスの排除はコストがかかることは承知しているが、道徳的見地から正しいだけでなく、戦略的にはるかに強固な足場を築くことになる」と述べ、エネルギーの調達先を多様化する方針を強調した。

また、EUと米国は化石燃料への依存を低減させ、クリーンエネルギーへの移行を加速させることも改めて確認。EUはLNGの輸入と併せて再生可能エネルギーの拡大も推進することで、10年以内にロシア産の化石燃料への依存から完全に脱却する目標を示した。さらに、エネルギー安全保障に関するタスクフォースを設置し、緊急の課題に取り組むことも決めている。[環境ニュース]


関連国・地域: EUロシア米国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

スロベニア新政権、EUとの関係改善路線に(05/18)

北ア議定書を一方的変更へ 英政府、改正法案近く議会に提出(05/18)

欧州委、露産ガス購入の支払い巡る指針発表(05/18)

EUと米国、供給網巡る協力拡大で合意(05/18)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/18)

【東欧フラッシュ】投資誘致合戦に挑むセルビア そこに光明はあるか(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン