世界の原油需要、ウクライナ危機で縮小も

石油輸出国機構(OPEC)は15日に公表した石油市場月報で、ウクライナ危機の影響により今年の世界の原油需要は縮小する可能性があるとの見方を示した。前年比で4.29%増の日量1億90万バレルとした見通しは据え置いたものの、今後の情勢次第では見通しの引き下げを示唆した形。…

関連国・地域: EUロシアウクライナ中東
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

北ア議定書を一方的変更へ 英政府、改正法案近く議会に提出(05/18)

スロベニア新政権、EUとの関係改善路線に(05/18)

欧州委、露産ガス購入の支払い巡る指針発表(05/18)

EUと米国、供給網巡る協力拡大で合意(05/18)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/18)

【東欧フラッシュ】投資誘致合戦に挑むセルビア そこに光明はあるか(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン