• 印刷する

ドイツ、3月末までにコロナ規制ほぼ撤廃

ドイツの連邦政府と州政府は16日、新型コロナウイルスの感染対策規制を3月20日までにほぼ撤廃することで合意した。3段階に分けて、集会可能人数の上限や、小売店や飲食店を利用する際の規制などを解除する。ただショルツ首相は「パンデミック(世界的大流行)は終わっていない」として引き続き警戒を呼び掛けている。

第1段階は同日から施行され、小売店の入店時に必要となるワクチン接種証明の提示を廃止する。ただ、店舗内でのマスク着用義務は継続する。私的な集まりについては ワクチン接種者と感染からの回復者の人数制限を撤廃。ワクチン未接種者の場合は、最大2人までに制限される。

第2段階は3月4日に実施する。飲食店と宿泊施設の利用は、ワクチン接種者と感染からの回復者に加え、陰性結果が証明できればワクチン未接種者も可能となる。スポーツなどのイベントは屋内では収容人数の6割まで(または最大6,000人)、屋外では75%まで(または最大2万5,000人)の観客入場がそれぞれ認められる。ナイトクラブの営業も再開できる。

第3段階として、3月20日には店舗の利用制限や可能な場合に在宅勤務を求める規則といった残りの規制のほとんどが解除される。一方、これ以降も屋内や公共交通機関におけるマスク着用や社会的距離の確保は求められる。

これらの規制緩和策は、その都度、感染状況と照らし合わせて適しているか判断するほか、実行するかは各州政府に委ねられる。

ショルツ首相は「長い年月を経たが、事態の改善はまさに目の前にある」と強調。半面、規制緩和はパンデミックの終息を意味するわけではなく、「秋から冬にかけて新たな変異株が出現するなど状況が悪化する可能性もある」としている。

ショルツ首相と連邦政府は3月17日に再協議し、感染状況に応じてその後の方針を決める見通し。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン