• 印刷する

失業率、12月は4.1%で横ばい

英国政府統計局(ONS)は15日、2021年12月(3カ月ベース)の失業率が4.1%になったと発表した。11月から変化がなかった。求人数は過去最高水準に達したが、増加ペースは減速している。

失業者数は137万4,000人と、前月から約8,000人減少。就業者数は1万人程度増え、3,248万5,000人だった。就業率(16~64歳)は75.5%と、11月から横ばい。

16~24歳の若年層に限ると、12月の失業率は11.2%と前月から0.1ポイント上昇。失業者数は約1万2,000人増え、46万5,000人だった。

英国は求職者手当を受ける資格のない人も含めるILO(国際労働機関)基準を採用している。22年1月の求職者手当申請者数は、前月から0.2%減の181万2,600人だった。

1月(3カ月ベース)の求人件数は129万8,400件と、01年の統計開始以降で最多を更新。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の20年同期の水準を51万3,700件上回った。

■平均給与は伸び減速

12月(3カ月ベース)の週当たり平均給与(ボーナス除く)は1年前から3.7%上昇し、552ポンドとなった。11月の3.8%から伸びがわずかに減速し、12月のインフレ率(5.4%)を下回った。

業種別に見ると、金融は6.6%上昇。サービス業は4.1%伸び、卸売・小売・ホテル・レストランは3.6%上向いた。建設は2.1%、製造は1.7%それぞれ上がっている。

ボーナスを含む給与は596ポンドと4.3%上昇。前月の4.2%から伸びがやや加速した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

英国王が施政方針演説 40法案発表=AI規制は見送り(07/18)

金融HSBC、新CEOにエレデリーCFO(07/18)

インフレ率、6月は2%で横ばい(07/18)

英、中古EV販売が急増=価格低下受け(07/18)

英競争当局、米マイクロソフトの調査に着手(07/18)

英、ペット向け培養肉の販売承認=欧州初(07/18)

生産者物価、6月は1.4%上昇(07/18)

食品販売オカド、上半期は赤字縮小(07/18)

ユーロ圏経済、0.9%拡大へ=IMF見通し(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン