• 印刷する

商工会議所、成長率見通し0.6%に引き下げ

英商工会議所(BCC)は5日、今年の国内総生産(GDP)が前年比0.6%拡大するとの見通しを示した。12月時点の0.8%から引き下げたものの、リセッション(景気後退)入りは回避できるとみている。

BCCは、今年の第1四半期(1~3月)はプラス成長に復帰し、第2四半期は休日が増えることから成長率は低下するものの、夏にはロンドン五輪の効果で経済が浮揚すると予想。さらに2013年には通年で1.8%の成長を見込んでいる。

一方で失業者数は昨年第4四半期の約267万人から、2013年初めには290万人に拡大すると予想。中でも18~24歳の若年層では約85万人に達して失業率は23%前後になるとみる。このため、英中銀イングランド銀行は2013年末まで政策金利を0.5%に据え置くとみており、当初の今年いっぱいとの見方を大幅に修正している。

また3月末までの1年間の政府の借り入れは1,193億ポンドになる見通し。これは政府の予算責任局(OBR)の当初予想を約80億ポンド下回っており、政府は企業の支援に40億ポンドを投じる余裕があるとしている。

なお今月21日に発表される予算案については、企業に自信を与える施策が必要と指摘。4月に見込まれる事業税の5.6%引き上げを中止することや、効果的な信用緩和プログラムを実施することなどを求めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン