• 印刷する

商工会議所、成長率見通し0.6%に引き下げ

英商工会議所(BCC)は5日、今年の国内総生産(GDP)が前年比0.6%拡大するとの見通しを示した。12月時点の0.8%から引き下げたものの、リセッション(景気後退)入りは回避できるとみている。

BCCは、今年の第1四半期(1~3月)はプラス成長に復帰し、第2四半期は休日が増えることから成長率は低下するものの、夏にはロンドン五輪の効果で経済が浮揚すると予想。さらに2013年には通年で1.8%の成長を見込んでいる。

一方で失業者数は昨年第4四半期の約267万人から、2013年初めには290万人に拡大すると予想。中でも18~24歳の若年層では約85万人に達して失業率は23%前後になるとみる。このため、英中銀イングランド銀行は2013年末まで政策金利を0.5%に据え置くとみており、当初の今年いっぱいとの見方を大幅に修正している。

また3月末までの1年間の政府の借り入れは1,193億ポンドになる見通し。これは政府の予算責任局(OBR)の当初予想を約80億ポンド下回っており、政府は企業の支援に40億ポンドを投じる余裕があるとしている。

なお今月21日に発表される予算案については、企業に自信を与える施策が必要と指摘。4月に見込まれる事業税の5.6%引き上げを中止することや、効果的な信用緩和プログラムを実施することなどを求めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英、華為排除の行程表を発表 来年9月末以降の製品設置を禁止(12/01)

IHSマークイット、米S&Pが買収(12/01)

モデルナ、欧州で承認申請へ コロナワクチン治験で良好結果(12/01)

ユニリーバ、英国への本社一本化を完了(12/01)

英仏、海峡の警備強化で合意=移民問題(12/01)

自動車保険の相互承認、欧州委がいまだ保留(12/01)

NEC、英主導の5Gプロジェクトに参加(12/01)

ロイズ銀、新CEOにHSBC幹部を指名(12/01)

七面鳥農場で鳥インフル=1万羽超を殺処分(12/01)

英、エストニアとラトビアを隔離対象国に(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン