最低賃金、1.8%引き上げ=若年層は据え置き

政府は10月から成人の最低賃金を1.8%引き上げる。民間企業・技術革新・技能省が19日、明らかにした。英国の1月のインフレ率は3.6%とこれを大きく上回っており、最低賃金は実質的に目減りしていることになる。

低賃金委員会の勧告に基づき、21歳以上は1時間当たり6.19ポンドへと11ペンス上昇する。一方で、18~20歳と16~17歳は据え置かれ、それぞれ4.98ポンド、3.68ポンドのまま。見習は2.65ポンドへと5ペンス引き上げられた。

ビンス・ケーブル民間企業・技術革新・技能相は、今回の引き上げ幅は賃金と雇用のバランスがうまく取れていると評価。若年賃金の据え置きについては「苦渋の決断だったが、賃金が上がれば長期的に見て仕事を得にくくなり、若者のためにならない」と説明した。一方、労働組合会議(TUC)のブレンダン・バーバー書記長は「最低賃金引上げが雇用に悪影響を及ぼすという証拠はない」と反論している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン