• 印刷する

製造業受注、3月は改善=CBI

英産業連盟(CBI)が20日発表した3月の製造業の業況調査によれば、向こう3カ月間の新規受注見通しが「増える」と回答した企業は「減る」より24ポイント多く、過去1年間で最高の水準に達した。

CBIは2月22日から3月14日にかけて436社を対象に調査を実施した。それによると、受注残高が「通常の水準を上回っている」との答えは、「下回っている」より8ポイント低かった。2月の3ポイントからは悪化しているが、長期平均のマイナス17ポイントは大きく上回っている。また向こう3カ月間で出荷価格の引き上げを見込む企業の割合は、引き下げを見込む企業を24ポイント上回り、前月の10ポイントから上昇した。

CBIのチーフエコノミストは、「向こう3カ月の明るい見通しに加え受注残高も堅調に推移しており、製造業の回復に勢いがついているようだ」とコメント。ただ原油価格の高騰を背景にインフレ率が再び上昇する懸念があり、これが景気回復の足を引っ張る可能性もあると慎重な見方を示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SOBI、アドベントとGICが買収案撤回(12/07)

英、入国前検査を再び義務化 オミクロン株流行で全渡航者対象(12/07)

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

英新車登録台数、11月は1.7%増加(12/07)

英、薬物対策を強化=犯罪組織2千件摘発へ(12/07)

セルフリッジ、タイ流通大手が買収で合意か(12/07)

トラック運転手不足に改善の兆し=業界団体(12/07)

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン