• 印刷する

連立与党・緑の党、新共同党首を選出

ドイツの連立政権に参加する環境政党・緑の党は1月29日、新たな共同党首にリカルダ・ラング氏とオミット・ノウリポアー氏を選出した。前共同党首のハベック氏とベーアボック氏がいずれも閣僚に就任したことを受けたもの。

同党は伝統的に、男女2人の共同党首を選出する。新たな女性共同党首のラング氏は28歳で、緑の党の党首としては史上最年少。これまで同党の女性問題に関する広報担当者を務めていた。フェミニストとして知られ、党内では左派とみられている。

一方、ノウリポアー氏は46歳のイラン系移民で、外交の専門家。連邦議会(下院)での議員歴は15年以上に及び、党内ではより穏健派とされる。

共同党首就任に当たり、ラング氏は党の支持基盤拡大に意欲を示し、「農村部を中心により多くの人々の参加と信頼を得たい」と話した。一方、ノウリポアー氏はウクライナを巡るロシアとの緊張が高まる中、他の連立与党との結束が重要としている。

ドイツでは昨年12月、中道左派・社会民主党(SPD)のショルツ新首相が率いる新連立内閣が発足し、緑の党とリベラル派の自由民主党(FDP)が政権に参加した。これに伴い、緑の党のハベック前共同党首は副首相兼経済問題・気候保護相に、ベーアボック共同党首が外相にそれぞれ就任。同党からは両氏を含め計5人が入閣している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン