ザールラント州議会選、与党CDUが勝利

西部ザールラント州で25日、州議会選挙が実施され、メルケル首相率いる与党・キリスト教民主同盟(CDU)が第1党の座を維持した。ただ連立を組む自由民主党(FDP)は過去最低となる得票率で大敗。これを受けCDUは、最大野党・社会民主党(SPD)と大連立を組む考えを明らかにしている。

CDUの得票率は35.2%に達し、2009年の前回選挙の34.5%を上回った。SPDも30.6%と前回の24.5%から票を伸ばしたが、FDPは1.2%と議席獲得に必要な5%を下回り、議会入りできない状況となった。インターネット利用規制の緩和や大麻の合法化などを主張する海賊党は7.4%を獲得し、議会入りを決めている。

メルケル首相の側近は、FDPの大敗はザールラント州の事情を反映したもので国政レベルの連立には影響がないとの見解を示した。ただFDPの低迷が続けば、来年の連邦議会選挙に向け連立の組み替えを迫られる可能性も出てきている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン