• 印刷する

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止

英国のジョンソン首相は19日、イングランドで新型コロナウイルス抑制のために導入されている規制を27日から緩和すると表明した。在宅勤務推奨や飲食店を除く屋内施設でのマスク着用義務などを定めた現行のコロナ対策「プランB」を終了させる。BBC電子版などが伝えた。

ジョンソン氏は議会で、変異株「オミクロン株」の感染ピークは過ぎたとコメント。「英国は欧州諸国でワクチンのブースター展開が最も速い」とした上、入院患者数も安定しているとして、「プランB」の廃止を閣議決定したと明かした。また、感染者の自主隔離義務は続けるが、3月末にも完全に撤廃する意向とした。

イングランドは昨年12月10日から、冬季コロナ対策の「プランB」を実施。飲食店を除く屋内施設でのマスク着用と在宅勤務、ナイトクラブやイベントでのワクチン接種証明「COVIDパス」の提示が義務付けられている。

ジョンソン氏はまた、将来的に規制を導入することなく、新型コロナと共存するための長期的戦略を政府が打ち出すとも宣言した。

一方、英国の新規感染死者数は18日時点で438人と、昨年2月以降で最多となった。最大野党・労働党は規制緩和の決定の根拠となる科学的証拠を要求するなど、規制緩和は時期尚早との声もある。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン