• 印刷する

独景気期待指数、1月は大幅に改善

欧州経済研究センター(ZEW)は18日、1月のドイツの景気期待指数が51.7ポイントになったと発表した。前月から大きく21.8ポイント上昇。一方、現況指数は3カ月連続で悪化している。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。今回の調査は1月10日~17日に、アナリスト178人に見通しを尋ねた。現況指数はマイナス10.2ポイントと、前月から2.8ポイント低下した。

ZEWのアヒム・ワンバッハ所長は、ドイツ経済は「2021年第4四半期(10~12月)の低迷期からの回復軌道に乗っている」とコメント。これは、新型コロナウイルスの感染率が初夏までに大幅に低下すると想定されていることが要因という。また、特に個人消費関連や輸出部門で状況が大きく改善すると期待されていると説明した。

なお、ユーロ圏の1月の景気期待指数は49.4ポイントと、前月から22.6ポイント上昇。現況指数は3.9ポイント下がり、マイナス6.2ポイントとなった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給対策で第2段階「警戒」発動(06/24)

BMW、中国合弁のEV工場が正式稼働(06/24)

MGモーター、印でシーメンスと提携(06/24)

DHL、シンガポールで電動バン80台追加(06/24)

ドイツ、2024年から鉄道網を全面改修(06/23)

アウディ、ハンガリー拠点で生産設備拡充(06/23)

米フォード、スペイン東部でEV生産へ(06/23)

米最高裁、除草剤巡るバイエルの上告を棄却(06/23)

独当局、競争法違反でグーグルマップを調査(06/23)

デクセリアルズ、独に光学センター設置へ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン