• 印刷する

英政党支持率、労働党が首位 与党は規制違反宴会発覚で低下

英調査会社オピニアム・リサーチが16日公表した最新の世論調査で、英国の最大野党・労働党の支持率が41%となり、与党・保守党を10ポイント上回った。2013年10月以降で最大の差をつけて、労働党が保守党を支持率でリードした格好となる。首相官邸で新型コロナウイルス対策の規制に反するパーティーが開かれていたことが発覚したことが響いた。

オピニアムは1月12~14日に調査を実施。それによると、保守党の支持率は31%と、1月5~7日に実施した前回調査から3ポイント低下。一方、労働党は2ポイント上昇し、41%となった。自由民主党は9%と、2ポイントのマイナス。緑の党は6%で1ポイント伸びた。

ジョンソン首相については、「支持する」とした人が8ポイント減って22%となる一方、「支持しない」とした人は64%と10ポイント増えた。「最も首相にふさわしい人物」としては、労働党のスターマー党首を選んだ人が30%と最も多く、ジョンソン首相は21%にとどまった。

ロックダウン(都市封鎖)措置が敷かれていた20年5月に首相官邸の庭で開かれたパーティーを巡っては、76%が「ジョンソン首相はルールに違反した」と回答。「同首相は辞任するべき」とした人も63%に上った。保守党党首の後任候補の中では、スナク財務相の評価が最も高く、「良い首相になる」との回答が45%と、「悪い首相になる」の32%を上回った。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注(05/20)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/20)

ナショナル・グリッド、通期は2.1倍に増益(05/20)

住宅修理ホームサーブ、カナダ社が買収(05/20)

JAL、7月から欧州路線を増便(05/20)

欧州で「サル痘」感染が発覚=各国が警戒(05/20)

インフレ率、4月は9%=過去40年で最高(05/19)

生産者物価、4月は14%上昇(05/19)

ロンドン・シティー空港、30年にゼロ排出へ(05/19)

バーバリー、通期は4%増益(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン