• 印刷する

ロンドンの病院に軍隊派遣 コロナ感染拡大で人手不足を支援

英国の国防省は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で人手不足に陥っているロンドンの病院を支援するため、軍から200人を派遣すると明らかにした。向こう3週間にわたり、医療要員40人、一般要員160人を投入する。

国内では新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大に伴い、病院スタッフが自主隔離するケースが増え、医療体制に影響が出ている。7日午前の時点で、イングランド全体の8分の1に当たる16の医療機関が、救急医療などを優先的に提供できない可能性がある「危機的状況」に陥っているという。

ロンドンでは新型コロナウイルスによる入院者数は約4,000人と、昨年12月初旬の約1,100人から大きく増加。また、人工呼吸器を使用している患者の数は、昨年12月の190人から236人に増えている。1日当たりの入院数も昨年12月初めから4倍に拡大した。

英国では83%が2回のワクチン接種を完了し、61%がブースター接種も終えた。ただ、ロンドンに限ると2回の接種完了者は63%、ブースター接種率も40%にとどまる。ジャビド保健・社会福祉相は軍の支援を歓迎した上で、医療システムの負担軽減に向け、再度ワクチン接種を呼び掛けた。

英国では現在、軍から派遣された約1,800人が医療現場での支援に当たっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン