• 印刷する

ベーアボック外相、初の訪米=対露関係協議

ドイツのベーアボック外相は5日、米国ワシントンを初訪問し、ブリンケン国務長官らと会談を行う。特にウクライナ情勢を巡る対露関係に焦点を当てる見通し。ベーアボック氏が訪米前に声明を発表した。

この中でベーアボック氏は「困難な時期こそ、協力なパートナーシップが重要になる」とし、米独関係の重要性を強調。ワシントン訪問を通じて、ドイツが対米関係をいかに重要視しているか明確にしたいと述べた。

また、ロシアがウクライナ国境付近で軍備増強を図り、西側諸国との対立が深まっていることについて「欧米政府のメッセージは明らか」と警告。「ロシアの行動次第では、代償を払うことになる」とした上で、「危機を回避する唯一の手段は対話だ」と強調した。

ただ、ドイツと米国は、ロシア産天然ガスをバルト海経由で欧州に輸送する新パイプライン「ノルドストリーム2」を巡り論争を続けており、これについても何らかの話し合いが行われる可能性がある。会談では他にも、気候変動対策や経済問題、民主主義の強化などについて話し合われる見通し。

ベーアボック氏の公式訪問は約8時間を予定する。ブリンケン氏のほか、ペロシ下院議長とも会談を行うという。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

独ロボット産業、中国との競争に直面(06/18)

労組IGメタル、7%の賃上げ要求を勧告(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

アディダス、中国幹部に収賄疑惑=調査開始(06/18)

ドイツ銀、投資銀部門で採用加速(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

タイ流通セントラル、独百貨店の運営継承(06/18)

eVTOLリリウム、中国に子会社設立(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン