• 印刷する

英製造業PMI、12月は低下も高水準維持

金融情報サービス会社IHSマークイットは4日、2021年12月の英国の製造業PMI(購買担当者景気指数、確定値)が57.9になったと発表した。速報値から0.3ポイント上方修正され、過去3カ月で最高だった11月からはわずかに0.2ポイント低下。景気の「改善」と「悪化」の境目である50は19カ月連続で上回っている。

生産高の伸びは過去4カ月で最も加速。新規受注は外需が4カ月連続で縮小したが、内需の拡大がこれを補い、全体では増加した。雇用は12カ月連続で拡大。仕入れ価格はさらに大幅に上昇し、出荷価格の上昇幅は統計開始以降で最大を更新した。今後の見通しは、世界経済の再成長や、新型コロナウイルスやブレグジットによる混乱緩和への期待などを背景に、プラスの領域にとどまっている。

IHSマークイットのディレクターであるロブ・ドブソン氏は、生産高の拡大は好ましいが、サプライチェーン(調達・供給網)の混乱や輸出低迷により21年半ばと比べると伸びは小幅にとどまっていると指摘。サプライチェーンは依然として厳しい状況にあるものの、製品納入までの平均期間の延びが過去1年で最も減速するなど安定化の兆しが見られ、仕入れ価格の上昇緩和に寄与したとしている。

■アイルランドも低下

アイルランドの金融大手アライド・ アイリッシュ・バンク(AIB)によると、12月のアイルランドの製造業PMIは58.3となった。前月から1.6ポイント低下している。生産高と新規受注は共に10カ月連続で増加。雇用ペースは過去10カ月で最も減速した。仕入れ価格と出荷価格の伸びはいずれも緩和している。


関連国・地域: 英国アイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

原発2カ所の稼働延長を検討 EDF、エネルギー危機受け(09/30)

乗用車生産、8月は34%増加(09/30)

シェル、ナイジェリアの太陽光発電社を買収(09/30)

ビッファ、米投資会社のTOBを受け入れ(09/30)

衣料品販売ネクスト、上半期は16%増益(09/30)

アストラゼネカ、COP27会場内に病院設置(09/30)

中国出資のオランダ企業、900社超に(09/29)

中銀、国債買い入れ 金利上昇受け市場の安定化図る(09/29)

ロイヤル・メール、10~11月に計19日のスト(09/29)

投資BII、印EVコーに大型出資(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン