• 印刷する

TEN―E規則改正案、暫定合意まとまる

欧州連合(EU)加盟各国と欧州議会は22日、「欧州横断エネルギー網(TEN―E)」規則の改正案で暫定的に合意した。2050年までの炭素中立を目指す「欧州グリーンディール」の実現に向け、EUの温室効果ガスの純排出量を30年までに1990年比で55%削減する目標の達成を目指すもので、新規の石油・ガス開発事業への支援打ち切りなどが盛り込まれている。

TEN―E規則は、EUが規制や財政を通じて支援するエネルギー・インフラの基準を示すもの。改正案は、欧州委員会が2020年12月に公表し、EU閣僚理事会と欧州議会がそれぞれ議論してきた。

今回、暫定合意がまとまった改正案では、EUのインフラ向け基金スキーム「コネクティング・ヨーロッパ・ファシリティー(CEF)」を通じた新規の化石燃料プロジェクトへの資金補助を取りやめるとしている。

天然ガス由来の水素については、29年末までは移行期間として使用を認めるが、新規プロジェクトへの資金補助は27年末で打ち切る。

同改正案は今後、EU閣僚理事会と欧州議会での正式承認を経て成立する見通し。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クロアチア、9月から価格表示にユーロ追加(01/20)

ステランティス設立1周年=3月に戦略発表(01/20)

VWとボッシュ、バッテリー生産支援で提携(01/20)

EU、英清算機関の利用可能期間を延長へ(01/20)

中国・欧州貨物列車の運行、昨年は2割増加(01/20)

欧州新車登録、昨年は2%減 半導体不足で過去最低を更新(01/19)

英の対アイルランド輸出、離脱後に減少傾向(01/19)

ナワリヌイ氏拘束から1年、EUは釈放要求(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン