【年始特集】水素燃料電池への関心再燃 EUが後押し、まずは商用車で実用化も

「水素燃料電池(FC)は今後10~15年で実用化すると、10~15年前から言われ続けている」――。自動車業界にこんなジョークがあるが、これはおおむね本当のことだ。自動車メーカー各社の燃料電池車(FCV)開発への取り組みは散発的で、2000年代には非アジア系各社が相次いで意…

関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー、太陽光発電の割合がEU最大に(07/07)

ユーロ圏小売売上高、5月は0.2%増加(07/07)

EU、ナミビアのグリーン水素生産を支援(07/07)

【欧州企業よもやま話】第360回:レボリュート 割り勘も両替もスマホで(07/06)

ガスプロム、LNGのルーブル決済提案(07/06)

6月は過去16カ月で最低 ユーロ圏総合PMI確定値(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン