• 印刷する

官邸職員、規制違反をネタに 内部動画流出で批判集中

英国の首相官邸で昨年12月、新型コロナウイルス対策規制に反してクリスマスパーティーが開催されたとされる問題を巡り、官邸スタッフがこれをジョークのネタにしていた映像が流出し批判を集めている。ジョンソン首相はこれについて謝罪したが、パーティーは開かれていないと説明している。民放大手ITVが入手した映像を元に、BBC電子版などが8日伝えた。

今回の映像が撮影されたのは、パーティーが開催されたとされる昨年12月18日から4日後の22日。首相官邸の報道官だったアレグラ・ストラットン氏が記者会見のリハーサルを行う中、記者席に座っていた同僚が、質疑応答をまねて「首相官邸でクリスマスパーティーが開かれたとツイッターで見たのですが」と質問した。ストラットン氏は返答に詰まったが、同僚とのジョークを交えたやり取りの末、「架空のパーティーは仕事の会議で、社会的距離は保たれていなかった」と笑いながら答えた。

このパーティーにジョンソン首相は参加しなかったとみられているが、40~50人が集まり、飲食物やゲームが提供されたとされる。ロンドンの警戒レベルは当時、最も規制が厳しい「非常に高い(ティア3)」で、異世帯間の屋内交流は禁止され、会議であっても参加人数には30人の上限が設けられていた。

同首相は、流出映像について謝罪したが、パーティーは開催されておらず、規制の違反もなかったとあらためて強調している。なお、渦中のストラットン氏はこの日、ロンドンの自宅前で涙ながらに声明を読み上げ、報道官の職を辞したことを明らかにした。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

ブリティッシュボルト、政府機関と電池開発(01/25)

R・ロイス、小型原子炉工場の用地入札募る(01/25)

ユニリーバ、「物言う株主」ペルツ氏出資か(01/25)

韓国・サムスン電子、英5G市場に攻勢(01/25)

スタンチャート、フィリピン成長見通し発表(01/25)

ベトナム航空、欧露定期便を月内に再開へ(01/25)

英政府、ギガプラントに投資 ブリティッシュボルトが資金確保(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン