• 印刷する

オミクロン株、英で市中感染 累計感染者数は400人超え

英国のジャビド保健・社会福祉相は6日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の市中感染がイングランドの複数地域で発生していると認めた。BBC電子版が伝えた。

同相は議会で、オミクロン株に関する最新情報を議員と共有。オミクロン株への感染は国内だけでなく世界全体で広がっており、ここにきて国外への渡航と関係のない感染事例が確認されていると説明した。英国全体でのオミクロン株感染者数は7日時点で437人となり、前日から101人増えている。中でもイングランドは333人と最も多く、スコットランドは99人、ウェールズは5人。北アイルランドでは感染は確認されていない。

ジャビド保健・社会福祉相は、これら感染者で入院したケースは報告されていないとしながらも、オミクロン株による重症化の可能性やワクチンの有効性といった全体像がつかめていないと警戒感を示した。

英政府はオミクロン株の感染拡大を受け、イングランドの公共交通機関や店舗内でのマスク着用義務を再導入。すべての渡航者に対して入国前のPCR検査またはラテラルフロー検査、入国後のPCR検査を義務付けている。また、来年1月末までにワクチンのブースター接種の対象を18歳以上の全成人に拡大する方針。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

航空IAG、過去最高益 需要回復でコロナ前上回る=通期(03/01)

保険アジアス、英同業の買収検討(03/01)

BP、エジプトで投資加速=最大50億ドル(03/01)

ボーダフォン、スイスコムと独占交渉(03/01)

乗用車生産台数、1月は21%増加(03/01)

HAV、ハイブリッド機の認証手続き開始(03/01)

オンライン食品販売オカド、サウジ社と提携(03/01)

仏物流シーバの英同業買収、米社が対抗案(03/01)

英領北ア、自動車保険上昇=修理費高騰で(03/01)

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン