• 印刷する

オミクロン株、英で市中感染 累計感染者数は400人超え

英国のジャビド保健・社会福祉相は6日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の市中感染がイングランドの複数地域で発生していると認めた。BBC電子版が伝えた。

同相は議会で、オミクロン株に関する最新情報を議員と共有。オミクロン株への感染は国内だけでなく世界全体で広がっており、ここにきて国外への渡航と関係のない感染事例が確認されていると説明した。英国全体でのオミクロン株感染者数は7日時点で437人となり、前日から101人増えている。中でもイングランドは333人と最も多く、スコットランドは99人、ウェールズは5人。北アイルランドでは感染は確認されていない。

ジャビド保健・社会福祉相は、これら感染者で入院したケースは報告されていないとしながらも、オミクロン株による重症化の可能性やワクチンの有効性といった全体像がつかめていないと警戒感を示した。

英政府はオミクロン株の感染拡大を受け、イングランドの公共交通機関や店舗内でのマスク着用義務を再導入。すべての渡航者に対して入国前のPCR検査またはラテラルフロー検査、入国後のPCR検査を義務付けている。また、来年1月末までにワクチンのブースター接種の対象を18歳以上の全成人に拡大する方針。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン