• 印刷する

SPD、閣僚候補8人を公表 初の女性内相など半数女性

次期首相に就任する予定の中道左派・社会民主党(SPD)のショルツ財務相は6日、同党の閣僚候補者8人の顔ぶれを公表した。新型コロナウイルス対策に当たる保健相には、国民に人気の高い伝染病専門家のカール・ローダーバッハ氏を起用。また、SPDのヘッセン州支部を率いるナンシー・フェーザー州議会議員を内相に起用するなど、候補者8人のうち4人を女性が占めている。

同国で女性が内相を務めるのは初めてで、知名度の高くないフェ―ザー氏の起用は予想外の人事となる。同氏は指名後の演説で、極右の過激派対策に注力する方針を示した。一方、内相への就任が予想されていたクリスティーネ・ランブレヒト法務・消費者保護相は、国防相に指名された。

このほか女性閣僚としては、クララ・ゲイウィッツ副党首が新設ポストの建設・住宅相に、スベンヤ・シュルツェ環境・原子力安全相が経済協力・開発相に、それぞれ就任する予定。

フベルトゥス・ハイル労働・社会相は留任する。ショルツ氏の側近であるウォルフガング・シュミット氏は首相補佐官に就く予定。

ショルツ氏は次期首相として、SPDと環境政党・緑の党、リベラル派の自由民主党(FDP)の3党連立政権を率いる。閣僚数は首相を含めて17人で、うち8人を女性が占める見通し。緑の党のベーアボック共同党首はドイツ初の女性外相に、FDPのリントナー党首は財務相にそれぞれ就任すると見込まれている。

ショルツ新政権は、8日に連邦議会での首相信任投票と宣誓式を経て正式に発足する。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、経済見通し引き下げ オミクロン株による再規制が影響(01/28)

ドイツ銀、通期は過去10年で最大の黒字(01/28)

GfK消費者信頼感、2月はやや改善(01/28)

企業ソフトのSAP、米フィンテック社買収(01/28)

IMF、ユーロ圏経済成長見通しを引き下げ(01/28)

「ノルドストリーム2」、露侵攻なら停止も(01/28)

独、ワクチン義務化を審議 全成人対象や高齢者のみなど3案(01/27)

ビオンテック、オミクロン株特化の治験開始(01/27)

アーレアル銀、米社が買収提示額引き上げ(01/27)

ラインメタル、ハンガリーの4iGに出資へ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン