• 印刷する

コロナ死者数、2月以降で最多 保健当局が新変異株に警戒強める

ドイツの国立ロベルト・コッホ研究所は1日、新型コロナウイルスによる過去24時間の死者数が446人となり、2月以降で最多を記録したと発表した。昨年末の感染拡大時と比べると約半分の水準だが、新たな変異株「オミクロン株」の感染者が国内で新たに確認されたこともあり、保健当局は警戒を強めている。

死者数は、490人を記録した2月20日以降で最多。累計では10万1,790人となった。過去24時間の新規感染者数は6万7,186人、累計では590万3,999人に達している。

今回の感染第4波では、新規感染者数が過去最多の水準を推移する一方で、死者数は昨冬の感染第2波で記録したピークと比べるとはるかに少ない。専門家らはこれについて、ワクチンの効果により重症化が回避されているためとみている。

全人口におけるワクチン接種率は、1回目が71.4%、2回目が68.6%、3回目の追加接種が12.5%となっている。

過去7日間の人口10万人当たりの感染者数は442.9人と、2日連続で減少している。

ドイチェ・ウェレによると、連邦政府と各州政府は2日に感染第4波への対策を決定する予定で、ワクチン展開の加速や、未接種者を対象とした制限措置が打ち出される見通し。

ドイツでは、南部バーデンビュルテンベルク州で新たに4人のオミクロン株感染者が確認された。いずれも南アフリカからの最近の帰国者やその家族で、全員がワクチン接種を完了していた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ経済、21年は2.7%増 プラス回復もコロナ前水準下回る(01/17)

検察、ワイヤーカード不正会計で関係者起訴(01/17)

ワクチン委、12歳以上のブースター接種推奨(01/17)

商用車トレイトン、比市場に参入(01/17)

メルセデス、印でのEV生産に着手へ(01/17)

新興フリップディッシュ、9600万ドル調達(01/14)

VW世界販売、昨年は4.5%減 2年連続で首位逃がす(01/14)

ドイツ、2035年までに電力部門で炭素中立へ(01/14)

財務省、コメルツ銀への出資引き下げを否定(01/14)

ボッシュ、ルーマニアにGS部門の調達ハブ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン