• 印刷する

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入

英政府は、イングランドの公共交通機関や店舗内でのマスク着用義務を再導入すると発表した。国内で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染が確認されたことを受けた措置で、国外からの渡航者に対しては一律でPCR検査の受診を求める。いずれも30日午前4時から実施する。

イングランドでは医療上の理由での免除者を除き、公共交通機関や商店、銀行、郵便局、理・美容院などでのマスク着用が義務化される。また、英国への全入国者は到着後2日以内にPCR検査を受けなければならず、陰性が確認されるまでは自主隔離する。オミクロン株の感染が疑われる人と接触した場合、ワクチン接種の有無にかかわらず10日間の隔離が必要となる。

ジョンソン首相は記者会見で「オミクロン株の感染は急速に広がっており、ワクチンを2回接種した人でも感染の可能性がある」と説明。今回の規制強化については「一時的かつ予防的な措置」とした上で、3週間後に内容を見直すと述べた。さらに、今後3週間でイングランドだけで600万回のブースター接種を行う計画という。

オミクロン株は変異株「デルタ株」よりも感染力が高いとされるほか、現在普及しているワクチンが効きにくい可能性がある。英国ではこれまでに、イングランドで3人、スコットランドで6人の感染が確認されたほか、数十人に感染の疑いがあるとされる。

英政府は28日時点で、在住者らのみ入国可能で政府指定施設での10日間の隔離を義務付ける赤リストに南アフリカなど10カ国を指定している。ジャビド保健・社会福祉相は29日に、先進7カ国(G7)の保健相とオミクロン株への対応を協議する予定。


関連国・地域: 英国アフリカ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ政府、サイバー攻撃の標的に(01/17)

英首相官邸が女王に謝罪 殿下葬儀前に宴会、辞任圧力も(01/17)

ノルデア銀、新会長に英RBS元CEO(01/17)

鉱工業生産、11月は1%増加(01/17)

建設業生産、11月は3.5%増加(01/17)

グーグル、ロンドン拠点ビル購入に10億ドル(01/17)

貿易収支、11月は赤字拡大(01/17)

電力小売りOVO、1700人整理へ(01/17)

イスラエルの再生エネ会社、英事業拡大へ(01/17)

新興フリップディッシュ、9600万ドル調達(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン