大気汚染による早死に、19年は欧州で30万人

欧州環境庁(EEA)は15日、欧州の大気汚染と早期死亡に関する調査結果を発表した。2019年には、浮遊粒子状物質(PM)のうち粒径が2.5マイクロメートル以下のPM2.5(微小粒子状物質)が原因で、30万7,000人が早死にしたとしている。 これは、欧州連合(EU)域内で、大気中…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英国版「リーチ」巡る懸念が現実に <連載コラム・環境フォーカス>第61回(01/21)

バイデン米大統領、露のウクライナ侵攻予測(01/21)

欧州委、罰金未払いでポーランドの基金保留(01/21)

ユーロ圏インフレ率、5%に 過去最高を更新=12月改定値(01/21)

EU、航空業界の無償排出枠廃止を前倒しか(01/21)

米カーライル、欧州最大のファンド設立へ(01/21)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.2%減少(01/21)

韓国・現代グループの欧州販売、昨年は4位(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン