• 印刷する

英、渡航赤リストから最後の7カ国除外

英政府は10月28日、新型コロナウイルス対策としてイングランドへの渡航が制限される国・地域の「赤」リストから、現在対象となっている7カ国すべてを除外すると発表した。11月1日午前4時から適用される。これにより、イングランド入国に際し、政府指定の宿泊施設で10日間の自主隔離を求められる渡航者はいなくなる。

現在「赤」リストの対象となっているのはコロンビア、ドミニカ共和国、エクアドル、ハイチ、パナマ、ペルー、ベネズエラの7カ国。

英政府は、「赤」リスト制度自体は存続させ、3週間ごとに各国の感染リスクを見直し、必要であればリストを更新するとしている。

ジャビド保健・社会福祉相は、同リストは「英国の国境を守る要」と指摘。次回のリスト更新に備え、自主隔離用の政府指定の宿泊施設はいつでも利用できる状態にしておくと説明した。

なお、スコットランドとウェールズ、北アイルランドの各自治政府も、イングランドでの決定を受け、同様の措置を取ると明らかにした。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英、全成人にブースター接種 オミクロン株対策へ間隔も短縮(12/01)

イージージェット、通期は赤字拡大(12/01)

国際送金ワイズ、上半期は13%減益(12/01)

バルバドス、エリザベス女王の君主制廃止(12/01)

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入(11/30)

石油BP、大規模なグリーン水素施設を建設(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

英の不法移民、24%増加=コロナ前水準迫る(11/30)

BA、香港便の運航停止=乗員の強制隔離で(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン