• 印刷する

ラテラルフロー検査も可能に 英入国後の感染検査=24日から

英政府は14日、イングランド入国後2日以内の新型コロナウイルス感染検査について、従来のPCR検査だけでなく、安価なラテラルフロー検査の結果も認めると発表した。24日から適用される。イングランドへの渡航が制限される「赤」リストに含まれていない国・地域からの入国者で、ワクチン接種完了者と18歳未満が対象となる。

ラテラルフロー検査は、英政府のウェブサイトのリスト掲載企業から購入する。リストは22日に公開され、同日から予約が可能となる。

国民医療制度(NHS)の接触追跡プログラム「テスト&トレース」で使用する、無料のラテラルフロー検査は認められない。

入国者は検査結果を写真に撮りアップロードする。結果が陽性だった場合、自主隔離し、確認のために無料のPCR検査を受ける。PCR検査はNHSのウェブサイトまたは119番に電話して予約可能だ。

イングランドでは22日から秋の中間休みが始まる学校が多い。ラテラルフロー検査の受け入れは、休暇で国外に行く人々にとっては費用負担の軽減になる。シャップス運輸相は「観光業の復興を促進し、海外渡航の正常化に向けた大きな一歩となる」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英、全成人にブースター接種 オミクロン株対策へ間隔も短縮(12/01)

イージージェット、通期は赤字拡大(12/01)

国際送金ワイズ、上半期は13%減益(12/01)

バルバドス、エリザベス女王の君主制廃止(12/01)

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入(11/30)

石油BP、大規模なグリーン水素施設を建設(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

英の不法移民、24%増加=コロナ前水準迫る(11/30)

BA、香港便の運航停止=乗員の強制隔離で(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン