• 印刷する

今年は0.1%のマイナス成長か=NIESR

シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は3日、英国経済は今年上半期中にリセッション(景気後退)入りし、国内総生産(GDP)は通年で0.1%縮小するとの見通しを発表した。NIESRは政府に対し、経済成長を促すため財政支出の削減を一時的に抑えるよう求めている。

マイナス成長に陥る理由として、個人消費の落ち込みが続く上、内外の需要の先行きが不透明なため企業も投資を控える点を挙げ、短期的には経済状況が好転する見込みはないと指摘する。ただしユーロ圏の債務危機が解決すれば、2013年には2.3%のプラス成長に転じると予想している。

国内の物価上昇圧力は急速に減速し、インフレ率は年内に2.2%まで低下して、2013年には1.4%になるとみている。一方で失業率は高止まりとなり、昨年11月までの3カ月間の8.4%が今年は9%程度に上昇し、2014年に入っても約7%までしか低下しないという。

なお世界経済については、今年は中国とインドにけん引されて3.5%拡大し、2013年は成長率が4%に達すると予想。米国経済も今年は2%のプラス成長となるとみている。


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

メイ首相、離脱強硬派とDUPの説得に全力(03/18)

自由民主党、5月に党首選へ(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

インターサーブ、破産申請手続きへ(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独エーオン、ケント州で熱電併給施設を建設(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン