• 印刷する

伊政府、労働者のグリーンパス取得を義務化

イタリア政府は16日、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことなどを示す独自のデジタル証明書「グリーンパス」の取得を官民全ての労働者に義務付けると発表した。欧州では初の措置で、必要な時に提示できない場合は罰金が科される。10月15日から適用される。

グリーンパスは、新型コロナのワクチン接種完了か感染からの回復、検査での陰性結果を示すもの。今後は、職場でパスを提示しなかった場合、最高1,500ユーロの罰金が科されるほか、欠勤と見なされ、給与は支払われない。ただし、解雇はされない。

スペランツァ保健相は今回の決定について「職場をより安全な場所にするとともに、ワクチン接種キャンペーンを加速するため」と述べた。

グリーンパスは既に、レストランや美術館・博物館、映画館などの屋内施設の利用時のほか、中長距離列車や航空機、フェリーの利用などにも提示が義務付けられている。先には、教育・介護現場の従業員に拡大することが閣議決定された。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アリタリアの客室乗務員、スリップ姿でデモ(10/22)

イタリア政府、来年度予算案を閣議決定(10/21)

ウニクレディト、炭素ゼロ銀行同盟に加盟(10/21)

伊市長選、ローマとトリノで中道左派勝利(10/20)

伊、古紙リサイクル目標を15年早く達成(10/20)

伊政府、高速道路の安全性強化に大型投資(10/19)

ウニクレディト、政府に70億ユーロ超要求も(10/19)

マセラティ、半導体不足で新SUV発売延期(10/19)

伊で職場のワクチン証明義務発効=抗議デモ(10/18)

アリタリア後継のITAが運航開始(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン