• 印刷する

英中銀、中期インフレ予想を1.8%に引き上げ

英中銀イングランド銀行は15日、四半期ごとのインフレ報告書を発表し、2年後のインフレ率予想を約1.8%に引き上げた。前回11月時点では約1.3%を見込んでいた。経済環境の先行き不透明感を強調しながらも、市場予想を上回る強気の見方を示した形で、一段の量的緩和には否定的な姿勢ともとれる。

同行は、原油や輸入品の価格高騰が一段落し、失業率が悪化する中、インフレ率は短期的に急落するものの、その後は金融緩和策の影響などでやや上昇するとみている。政府統計局(ONS)によれば、1月のインフレ率は3.6%となり、ここ2カ月で1.2ポイントも下落した。

マービン・キング総裁は英国経済の見通しについて、国内の緊縮財政と主要取引相手国の経済不振が成長の足かせになるとし、「年内はプラスとマイナスを行き来する」と予想。ただその後は金融刺激策の効果で実質家計所得が増加するにつれ、徐々に回復するとしている。中期成長率見通しについては、2014年第1四半期(1~3月)までに年率で3.2%になるとし、見通しを11月時点の3.2%から引き下げた。

イングランド銀は先に、政策金利を過去最低の0.5%に据え置く一方、量的金融緩和策の規模を従来の2,750億ポンドから3,250億ポンドに引き上げている。今回の報告書は追加的な量的緩和の可能性を否定するものともとれるが、市場では3%のGDP成長率予想を楽観的過ぎるととらえ、年内に一段の緩和が実施されるとの見方も根強い。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ネスプレッソ、持続可能なアルミ導入へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

新聞ジョンストン・プレス、社債権者が買収(11/20)

金融TSB、新CEOにクロスビー氏を指名(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

鉄道ヴァージン・トレインズ、米国進出(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン