• 印刷する

保守党支持率、総選挙以降で最低の33%に

英国のジョンソン首相率いる与党・保守党の支持率が33%となり、2019年12月の総選挙以降で最低を記録した。今回の調査は介護・医療拡充に向けた増税案の発表後に実施されたもので、最大野党・労働党の35%も下回っている。インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)が10日発表した最新調査で分かった。

調査はタイムズの委託により、9月8~9日に国内の成人1,657人を対象に行われた。保守党が1週間前から5ポイント低下した半面、労働党は1ポイント上昇。自由民主党は10%で3位につけ、これに緑の党(9%)が続く。

ジョンソン首相は7日、イングランドの介護制度と国民医療制度(NHS)の拡充に向け、22年4月から国民保険料を1.25%引き上げると発表。19年の総選挙前には、所得税や国民保険料を引き上げないと約束していたため、野党だけでなく与党内からも公約違反と反発の声が上がっている。

ユーガブの政治調査部門トップのアンソニー・ウェルズ氏は「1回の調査結果から多くの結論に飛びつくのは注意すべきだ」と前置きした上で、「政府は実際にNHSを支援しているとの評価を大して得られないまま、党支持者の間でも税率が低いとの評判を犠牲にしたようだ」と指摘した。

なお、英下院(定数650)は8日夜、この増税案を319対248の賛成多数で可決した。保守党から5人の造反議員が出たほか、一部議員は投票を棄権。労働党は反対票を投じた。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン