• 印刷する

英、カナダなど隔離不要に 7カ国・地域を「緑」リスト追加

英国で30日、新型コロナウイルス対策として導入しているイングランド入国後の措置を定めた国・地域のリスト更新が適用された。カナダやデンマークなど7カ国・地域が自主隔離が不要になった一方で、タイとモンテネグロは政府指定の宿泊施設での隔離対象国に加わっている。

政府は国・地域ごとに感染リスクの水準を「赤」「黄」「緑」、および「緑」から「黄」に移行するリスクの高い「緑ウォッチリスト」に分類。3週間ごとにリストの見直しを行っている。

リスクが低い「緑」の国・地域は入国後の自主隔離は不要で、今回はカナダ、デンマーク、フィンランド、リヒテンシュタイン、リトアニア、スイス、ポルトガルのアゾレス諸島が追加された。「緑ウォッチリスト」には、クロアチアやポルトガルのマデイラ諸島など新たに14カ国・地域が指定されている。

「黄」は感染リスクが中程度の国・地域で、入国後に自宅などで10日間の自主隔離が求められるほか、入国後2日以内および8日目に感染検査を受ける必要がある。ただ、EU域内で欧州医薬品庁(EMA)が承認したワクチンか、米国内で米食品医薬品局(FDA)が承認したワクチン、またはスイスのワクチンプログラムで接種を完了した入国者は自主隔離が免除され、入国後8日目の検査も不要となる。日本は「黄」リストのままで変更はなかった。

感染リスクが高い「赤」リストの国・地域からは、英国またはアイルランドの国籍保有者、もしくは英国の居住許可がある場合のみ入国が可能で、入国後は政府指定の宿泊施設で10日間の自主隔離が義務付けられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、通期は過去最高益 高金利追い風も四半期は大幅減益(02/22)

ヒースロー空港、アブダビ社が株式取得検討(02/22)

製薬サノフィ、事業買収に投資6社が関心(02/22)

財政収支、1月は黒字拡大=減税に追い風(02/22)

ボディショップ、国内店舗の半分閉鎖へ(02/22)

選挙意識、補償に消極的=英政府、冤罪事件(02/22)

イングランドで短期賃貸住宅の規制強化(02/22)

核ミサイルシステム、発射テストで失敗(02/22)

ウェールズ、若手医師が3日間スト(02/22)

新スタジアム、資金繰りで苦境=英領北ア(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン