• 印刷する

G7、アフガン問題協議へ 英首相招集で24日に緊急サミット

英国のジョンソン首相は22日、アフガニスタン問題を協議するため、先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)を24日にオンラインで緊急開催すると発表した。国際社会に対して、さらなる事態悪化を避けるため協力して解決策を見いだすよう呼び掛けている。

ジョンソン首相はツイッターで「安全な避難を確保し、人道危機を防ぎ、アフガニスタンの人々を支援するためには、国際社会の協力が必要不可欠だ」と強調。サミットでは主に、各国の国民やアフガニスタン人の避難に関する取り決め、アフガニスタン危機への長期的な取り組みについて協議される見通しだ。

アフガニスタンの首都カブールの国際空港には国外への避難を求める人々が殺到しており、英国は米国に避難日程を延長するよう求めているとされる。またジョンソン首相は、米軍のアフガニスタン撤退後は、中国とロシアが現地の重要なプレーヤーとなることを認めているもよう。

英政府関係者によると、英国とフランスは現在、国連安保理でロシアと中国から賛成を得られるような決議案を策定中。「統一戦線を組むことが非常に重要だ」と述べ、同案は対テロ活動や人道支援などの問題をカバーする内容になるという。

こうした中、米国のバイデン大統領は22日、現在8月31日としているアフガニスタンからの自国民救出の期限を延長する可能性を示唆。「延長しなくて良いことを望むが、これまでの進展に疑問を感じる現在進行中の協議がある」と述べた。


関連国・地域: 英国EUアジア米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】原発稼働延長と将来に向けた再エネへの投資(12/02)

ユーロスターの英警備員、12月に4日間スト(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

EU大統領、習主席と会談 ウクライナ侵攻やコロナ対応協議(12/02)

欧州委、包装規則案を公表=ごみ削減へ(12/02)

11月は上昇も分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI=確定値(12/02)

欧州委、露凍結資産でウクライナ支援を提案(12/02)

欧州委、ハンガリーへの予算支給停止を継続(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン