英国、コロナ禍で大麻由来CBDの需要拡大

英国で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を背景に、大麻由来成分「カンナビジオール(CBD)」の需要が拡大している。同国は現在、米国に次ぐ世界2位の市場に成長したという。一方、その有効性を疑問視する声も挙がっている。フランス通信(AFP)が19日伝…

関連国・地域: 英国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エネ企業2社が新たに破綻 9月だけで計6社=ガス価格高騰(09/24)

仏米大統領が会談、関係修復図る=オーカス(09/24)

英政府、引退トラック運転手に復帰要請も(09/24)

英首相、国連総会で気候変動対策を呼び掛け(09/24)

9月は過去5カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

中銀、政策金利を史上最低水準に据え置き(09/24)

韓国、英国からワクチン調達へ=首脳会談(09/24)

英米FTA交渉への進展なく 気候変動なども協議=首脳会談(09/23)

英政府、CO2製造の米社に運転資金援助(09/23)

英、トルコなど8カ国からの入国禁止を解除(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン