• 印刷する

英、成人75%がワクチン完了 首相「未接種者は早めに接種を」

英国で10日、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を完了した成人の数が3,968万8,566人となり、全成人の75%を超えた。ジョンソン首相は、節目となる接種者数の達成を喜ぶとともに、未接種者には早めの接種を呼び掛けた。一方、専門家の間では、ワクチン接種の展開速度が落ちていることや、感染力の強いインド由来の変異株「デルタ株」が流行している限り、集団免疫獲得は不可能とする声が上がっている。

英国は2020年12月8日にワクチン接種を開始。これまでに8,670万回の接種が行われ、21年3月20日には1日当たり最多の75万2,000回を記録した。これ以降、接種ペースは減速している。現時点で、18歳以上の成人10人に1人に相当する600万人近くが、まだ1回も接種を受けてない。

ジョンソン首相は「自分自身だけでなく大切な人たちを守り、安全に自由な生活を送るために、まだ接種を受けていない人は、できるだけ早く接種を予約してほしい」と呼び掛けた。

だが、予防接種・免疫合同委員会(JCVI)の委員長で、オックスフォード大学ワクチングループのトップを務めるアンドルー・ポラード教授は、デルタ株に対する集団免疫獲得は「神話のようなもの」と指摘。ワクチンにより感染拡大の速度を抑えることはできるかも知れないが、ワクチン接種を受けた人も感染しており、流行を完全に食い止めることはできないとの見方を示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ホルシム、再生建材の英ウィルトシャー買収(10/07)

三井不動産、ロンドン中心部の複合開発参画(10/07)

スコットランド政府、寝台特急の委託終結(10/07)

建設業PMI、9月は分岐点越え(10/07)

英新車登録、9月は4.6%増 ナンバーの年度切り替えが寄与(10/06)

建材サンゴバン、英子会社ジューソン売却へ(10/06)

テスコ、上半期は9.8%減益(10/06)

鉄道13社の運転士、5日にスト決行(10/06)

独格安スーパーのリドル、英で1千人雇用(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン